酒田市立図書館

メニュー

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. 図書館について
  3. 国立国会図書館「図書館向けデジタル化資料送信サービス」について

図書館について

国立国会図書館「図書館向けデジタル化資料送信サービス」について

「図書館向けデジタル化資料送信サービス」とは、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由により入手困難な資料について、承認を受けた図書館の館内で閲覧・複写ができるサービスであり、現在、庄内地区では当館と東北公益文科大学図書館のみで利用できるものです。

利用できる資料

国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、インターネット公開しておらず、絶版等の理由で入手が困難な資料、約149万点(令和元年7月現在)

  • 図書:昭和43年までに受け入れた図書 約57万点
  • 古典籍:明治以降の貴重書、清代後期以降の漢籍等 約2万点
  • 雑誌:明治期以降に発行された雑誌(刊行後5年以上経過したもので、商業出版されていないもの) 約79万点(約1万タイトル)
  • 博士論文:平成3~12年度に送付を受けた論文(商業出版されていないもの) 約12万点
  • 脚本:昭和55年以前の放送脚本(テレビ・ラジオ番組の脚本・台本) 約3千点

国立国会図書館デジタルコレクション 別ウィンドウで開きます

国立国会図書館によるデジタル化資料の検索画面です

図書館向けデジタル化資料送信サービス 別ウィンドウで開きます

このサービスについての国立国会図書館による説明ページで、利用可能な資料のリストがダウンロードできます。

ご利用いただける方

酒田市立図書館に利用登録をされている方又は団体

利用できる場所

中央図書館1階インターネット閲覧用パソコン(計6台)
※各分館での利用はできません。

利用方法

閲覧

利用者カードをご持参のうえ、カウンターへお申し出ください。利用申込書に利用者カードの番号とお名前をご記入いただいた後、職員が閲覧用端末のログイン操作を行います。
※メールや電話による申込みは行っていません。

複写(印刷)

  • 著作権法の規定に基づく範囲(調査研究を目的とする場合で、1部のみ)内での複写(印刷)に限り、可能ですので、ご希望の場合はカウンターにお申し出ください(電話、電子メール等による受付はできません)。「資料複写申込書」に住所、氏名、資料名、複写箇所等をご記入いただいた後、職員が複写作業を行います。
  • 複写に係る料金は、白黒1枚10円、カラー1枚50円です。

利用上の注意

次の行為は禁止となります。

  • 閲覧用端末画面をカメラ、スマートフォン、携帯電話等で撮影すること。

 

ページのTOPへ